トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2017.03.17苦渋の選択 亡き親の身柄放棄(財産放棄) その3

カテゴリ:特殊清掃士

0


おはようございます。
今朝の青森市の朝の24時間の降雪量は0cmです。
積雪の深さも22cmまで減りいよいよ春が来ると
言った感じの青森です。
昨日は地元、社協研修会に参加し地域の福祉の
勉強をしてまいりました。

青森市の地域福祉計画の推進を学んでまいりましたので
後日ブログで報告がてら復習したいと思います。

さて、今朝のブログの苦渋の選択 亡き親の身柄放棄(財産放棄)が
思いの他反響がよく嬉しく思います。
過去の物件を思い出しながらこれは~ど~だったかな~?
など、錆びついた脳をオーバーヒートさせない様に上手く
こき使いながら動かして思いだしています。
しかし、頭をフルに使うって本当に疲れますね^^

さて、今日は身柄拒否ではないのですが、人間の欲深さが表れている
事故物件のご紹介をしたいと思います。

あれはたしか秋口のまだ暑い日が続いていた頃の話です。
私は久しぶりに本店の事務所にて朝から内勤業務をしていました。

暑い日の続く中での防護服を着ての作業が続き現場が切れ
ホッと一段落していた時の話です。

10時10分前に事務所のフリーダイヤルの電話が鳴り響きました。
おっ!!
鳴った!!
と思い受話器を取り
お電話有難うございます。遺品整理のモコでございます。と
出たら某葬祭業の何時もお世話になっている部長さんからの
お電話でした。

あのさ~今、ひま?~と
この様な様子の時は、即対応できる~の合図でもあるのです^^

即、動けますよ!!どこに行けばいいですか?
と私が即聞くと、一呼吸おいてから本署、何分で来られる~

私は、遅くても15分でいきます。と答えると
もう少しでご遺体引き取るからすぐ来て!!と

車を飛ばし、でも制限速度を守ってですよ^^

予定より5分早く着きました。

寝台車には棺に入ったご遺体が載せられていました。
急遽、警察からご遺体を身内の方が引き取る事になってさ~
部屋の掃除をする業者しらないかってご葬家さんからきかれて
火葬場に行く前に顔合わせしておいた方がいいかなと思って
よんだのさ~と機転のきく部長さんのはからいでした。

ご葬家様に本署のロビーでお会いして遺品整理の意向をお聞きして
火葬している間にお見積りを作り火葬が終わったらお会いして
お見積書をお渡しすると言う約束をしました。

別れ際に部長さんが死後1年だから部屋もひどいって警察の担当が
言ってたからさぁ、じゃ~たのむね^^と
爽やかな笑顔で私達を送りだしてくれました。

私は教えてもらった住所をカーナビに入れて本書を後にしました。
死後推定1年、去年も1年ってあったな~とその時の事を思い
出しながら車を走らせました。

しかし、死後1年もなぜ、発見され無かったのだろう?
一人の人間がこの世を去ってしかも自室で腐敗して
臭いもかなりするだろうにと!!

なぜ、誰もきずかなかったのか?と言う疑問も
今回の事故物件の現場になった建物を見てなんとな~くですが
発見され無かった理由が少し分かったような気がします。

現場となった建物は、分譲マンションの一室でした。
玄関はオートロックでお部屋のカギを刺して解除すると
自動ドアが開きました。
立派な玄関ホールを歩き奥にエレベーターがありました。

エレベーターに乗り現場の階のボタンを押し会に到着し
エレベーターを降りエントランスに入り鼻をクンクンさせても
腐敗臭は全くしませんでした。

問題のお部屋の前に立ち鼻をクンクン嗅いでも全くと言って
いいほど臭いがしませんでした。
密封性が良い玄関扉であった為臭いが外に漏れることがなく
異臭騒ぎにならず発見が遅れたのだと建物に入る前に
何となくだが想像できた。

やっぱり、案の定~た~!!
何時もの様に玄関のドアを開ける前に

 

故人様のご冥福を祈り合掌

その後、カギを開け中に入ると一斉に害虫が
何千もの束になって私の方に向かって来たので
スプレー式の殺虫剤を向かってきた害虫にめがけながら
噴霧し逃げた害虫を次の人が殺虫剤を噴霧して処分
エントランスやローカには、一匹の害虫も残さず駆除
しました。

お部屋はこじんまりとした1LDKの分譲マンションでした。
布団は直にカーペットの床に引き寝起きをされていたようでした。

テーブルの上にはパソコンがおかれ経済新聞や株取引の
本が沢山置かれていました。
電気も通電され、当然水道やガスも何一つ止められては
いませんでした。

きちっとたたまれた布団に横たわりお亡くなりに
なられていたらしくクッキリとご本人の人がたが
残されていました。

臭いはガスマスクをしているので全くマスクには入って
こないので臭い話わからなかったのでマスクを外そうと
した瞬間にモわっ~と腐敗臭が入って来たので思わず
おっと!!^^くさっ!!かなり強烈な臭いが
部屋中に染みついていました。

床はおそらくコンクリート土間の上にマットをひき
厚手のカーペットがひかれているので
床の解体作業ではなくなるので手間はさほどでは
ないような感じを受けましたがこのカーペットの
下地剥ぎに時間を取られるな~ともこの時思った。

家財の撤去+消臭+除菌+ハウスクリーニングを
して私共の原状回復作業は終了と言う見積りを出し
夕方ご葬家様にお会いしてお見積書の内訳を説明し
ご依頼をいただきました。

翌日、部長さんに報告すると、決まった~
よかったね~

実はさ~最初は身柄放棄するって事になっていたのさ~
故人には財産が無いと思っていたらしくてさ~

故人のお兄さんが警察にそれとなく聞いたらしくてさ~
財産がたんまりあるって分かったらしいんだよね。
そしたら急に態度が変わり身柄を引き取るってことに
急遽なってさ~本書にいつまでもご遺体を置いておけなくてと
いう事になり急遽よんだのさ~とぶっちゃけ話を頂きました^^

や~しかし染みついた臭いを消臭するのに大変だった
現場だったな~^^

見積りの時、部屋を出たのですが、入室していた時間は
ほんの15分弱だったけど服から髪の毛からすべて
腐敗臭がしみ込み即お風呂に入ったのはこの現場だけ
です。未だにものすごく臭かったのだがあの玄関扉
すごいね~さすが防火扉がわりにもなっているドアだね^^

また、死後お金を残してると残してないでは
天と地ほどの差がでるんですね~
地獄の沙汰も金次第と言う言葉がある通りやっぱりお金で
後々の始末も変わるのですね~。
なんか、淋しい話の現場でした。

それでは、また明日^^

へばな~^^


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

カテゴリ

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ