トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2017.03.20苦渋の選択 亡き親の身柄放棄(財産放棄)その4

カテゴリ:特殊清掃士

0

おはようございます。

今朝の青森の朝の24時間の降雪量は0cmでした。
今日の最高気温は10℃前後まであがりそうです。
とても暖かな1日になりそうな青森です。

ここ数日、お休みしていた苦渋の選択 亡き親の身柄放棄
(財産放棄) も第4弾になります。
沢山の方達の苦渋の選択をご紹介しています。

人がこの世に生を受け無縁なんてあり得ないと思う。
ただ、生まれながらの天涯孤独と言う方もいますので
一概には言えませんが世間一般的にはあり得ない。

ただ、現実を見ると先祖が眠る墓に入れないと言う
人達が後を絶たないと言うのが現実です。

今回もそんな方達の事例をご紹介します。
今後の人生の参考にしていてください。

例1

この日は、春と言ってもまだまだ寒い日が続く
春の初旬の頃の話です。

相も変わらずばたばたとした午前中を過ごしていた
時でした。
事務所のフリーダイヤルの電話が鳴り何時もの様に
電話に出ると某街の福祉課さんからのお電話でした。

お話をお聞きすると生保(生活保護受給者)の方が
住んでいた賃貸住宅のお部屋がごみ敷状態でもの
すごい事になっていて大家さんからも早く何とかしてくれと
言われていて早急に対応しないといけないのですが
そちらでは、ごみ屋敷とか糞尿部屋の清掃って出来ますか?
ものすごい状態の部屋なのですが大丈夫でしょうか?

と、言うお問い合わせが入りました。

ごみ屋敷でも糞尿部屋でも何でも原状を回復する事が
私達の仕事ですから何も問題ありませんよ。
と、電話のお相手である福祉課の担当者さんにお話を
すると、一瞬魔があきホッとされた様子の口調で
では、早速見積りに来てほしいのですが、
こちらは〇〇市なのですが営業範囲内でしょうか?
と、心配した様子の口調で話を続けていました。

私は、〇〇市もエリア内ですのでご安心ください。
出張料や出張費もかかりませんのでご安心下さい。
と担当者に告げると助かります。と一言

見積りの日時を決めお伺いする約束をして
電話を切りました。

見積り当日、現場となった賃貸住宅に着くと
アパートと思っていたのですが平屋の戸建て住宅でした。
外観を見ても一人暮らしの方が住むような住宅ではなく
どう見てもファミリー向け住宅でした。
車は2~3台は置けるスペースがあり
2Kか3Kくらいの間取りがありそうな広さの戸建て住宅です。
住宅の周りにはまだ、雪が残っていて所々には、
人糞らしきものが無数に点在していました。

私は中を見るまでもなく手に取る様に想像つきました。
まもなくすると担当者さんが来られ名刺交換をして
事の経緯をお聞きする事ができました。

問題の住宅にに住んでいた方は、40代の男性と言う事が
分かりました。
アルコール依存症で体や精神を侵され生活保護を受け
この戸建て住宅に一人で住んでいたと言います。

 

昼、夜とはず酔っぱらっては家の中で大声をだしては
ご近所さんから警察に通報され警察沙汰になるのは
日常茶飯事だったそうです。
このアパートに住む時も親戚の方が当初は保証人に
なっていたと言いますが素行の悪さで保証人も解消
されてしまっていると言います。

大家さんも住宅の周りにう〇こが沢山落ちている事が
多くなってきていたので入居者さん達に犬の糞が
最近多くあるのでと注意を呼び掛けていたと言います。

大家さんも見積りに立ち会うと言う事なので
大家さんに部屋のカギを開けてもらう事にしました。
カギを開けドアを開けると、部屋からは糞尿臭と
ごみ臭が混ざった何とも言えない鼻に残る悪臭が
襲ってきました。

玄関土間はダイレクトメールが散乱してあり
靴やサンダルなどが散乱してあり、ダイレクトメールや
靴が水分で湿っいました。
その臭いを嗅ぐとツ~ンと言うアンモニア臭がして
土間で失禁をしていたのでしょうね。

長靴に履き替え、長靴の上からシューズカバーを履き
中に入ると今があり居間には万年床がありその周りには
コンビニ弁当の空容器や焼酎のからペットボトルなど
ごみの山状態でした。

この布団が邪魔だと思い持って退かそうと思い持ちあげようと
したが予想以上に重かった。
2人で端を持つと掛け布団からおそらく尿がジャ~っと滴り
落ちるぐらい布団に尿がしみ込んでいました。

今度は隣の部屋に行くとダブルベットがありその横には
ドレッサーがありその隣には子供用の洋ダンスもありました。

家族がこの男性にもいたのだとすぐ分かりました。
台所のシンクの中を見ると子供の茶碗やはしや
家を出て行った奥さんの使った口紅の付いたコップが
洗わずにそのままカビが生えている状態でした。

ドレッサーの引き出しからは奥さんに宛てた手紙が
何通もでてきました。
中を見ると、パチンコなどのギャンブルをもうやめるから
許してほしいなどと書かれた謝罪の手紙や酒げ原因での
失敗の謝罪の手紙などが数十通も出てきました。

心入れ替え頑張るから許してほしいと
どの手紙の最後に書かれていました。

ギャンブルにのめり込み酒におぼれた人の最後が
これか~と思いながらお部屋のお見積りをさせて頂きました。

外に出て担当者さんと大家さんにお部屋の状態を写真で
確認してもらいました。
大家さんも肩をおとした様子で写真を見ながら口を手で押さえ
こらえながら見ていたと言う感じに思えました。

一通り説明をした後、この部屋に住む男性は何時から
独居生活になったのかを聞くと、生保を受けるように
なってからもう2年半を過ぎているので奥さんと子供が
家を出たのがその前ではないかと言う事でした。

大家さんの話では、奥さんと子供さんは神奈川県の親の家に
引っ越されたそうです。

と、言う事は、台所のシンクの中にある子供が使った食器や
口紅が付いたコプは2年半前に使われた物を洗う事ができずに
とって置いたのでしょうね。

お見積書を即作成して福祉課の担当者さんに手渡し
持ち帰り許可をもらい合否を報告頂く事になりました。

大家さんは1日も早く原状回復をして返してほしい。
と悲痛な訴えをされていました。

数日後、某役所からお電話を頂き予算が確保できたので
早急に作業してほしいとご依頼のお電話が入りました。

この男性は、施設に入りほとんど植物状態で今なお
廃人状態で生きているらしいです。
この男性の親兄弟や親戚達も素行の悪さから縁を
切られてしまっているそうです。
ご本人も自分が誰なのか家族の事も忘れてしまって
いるらしいです。

ギャンブルと酒の依存症に陥った男性の実話です。

それでは、へなな~^^
 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

カテゴリ

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ