トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2019.12.28特殊清掃業者様必見 新たな消臭技術が生まれました。

カテゴリ:特殊清掃士が伝えるコラム

0


今朝のブログのテーマに皆さんビックリされていると
思います。

私がこの事業(特殊清掃業)に足を踏み入れ
かなりの年月が立ちます。
その間、沢山の苦悩と葛藤してきました。

◦室内の臭いが取れない
◦室内の汚れがうまく取れない(綺麗にならない)
◦作業効率が悪い
◦床や壁に沁みついた体液や血液の形が取れない
◦木材に染みこんだ腐敗臭が取れない
◦コンクリートに染みこんだ臭いやシミが取れない。
◦家財道具に染みこんだ腐敗臭が取れない
などなど色々な事が障害となり私の前に立ちはだかりました。

特殊清掃業を始めた皆さんもおそらく同じような悩みを
抱えて日々の業務にあたって試行錯誤をされていると思います。
研究には長い年月とお金がかかる。

私も腐敗臭の完全消臭に至るまでの道のりも遠く険しく
研究費用に莫大なお金がかかりましたが見事クリアー
することができました。

今回のブログは、その事例の一つをご紹介してもし
同じ仲間の皆様の中でこの技術をわが社にも取り入れようと
思われる方がいましたらご連絡ください。
私が作ったこの技術をお分けいたします。

それでは、1枚の写真をご覧ください。



 


上の写真は実際の現場写真です。

9月の後半に持病の発作で倒れ12月の後半に
つい先ごろです。
ご遺体が発見された孤独死の現場になります。

住宅はオール電化住宅で24時間換気システム導入の
築5年前後のまだ新しい住宅での事故死です。

オール電化住宅という事で気密性も高く施工されている
住宅でフローリングに至っても防水加工され下に
染みこまない加工をされているフローリングです。
その為、特殊清掃業の皆さんなら必ずと言っていいほど
経験されているのが床をはぐ作業です。

 

上の写真のように全て床材をはぎ取り
臭いが沁みているものを取り除いてから
消臭剤作業をして消臭させてるというのが
今の特殊清掃業者さん皆さんの技術ではないでしょうか

誤解なさらずに
それが悪いという事ではないのです。
当然、こんな事を書いてる私も同じような作業を今まで
してまいりました。
ご依頼者様にも多額なリフォーム費用を負担させてきました。
当然、床をはぎ壁を抜くと言う作業は私が開発した消臭作業でも
必要になりますが最小限度ですむのです。

この最小限度のリフォームと言うのが依頼者様にとって
どれだけ心強いかという事です。
できれば特殊清掃業者さんの費用で全て原状回復ができれば
なにほどありがたいのかが考えなくても特殊清掃業に携わってる
かたならお分かりのはずです。

今回、私が開発した消臭作業はその様な考えの元
少しでもご依頼者様のご負担が少なく原状回復が出来れば
という思いと完全消臭が誰でも簡単に行えれば会社経営も
少しは楽になるのではという思いでこの消臭技術を開発
しました。

現に私どもでは特別な研修もいらずに
誰でも簡単に室内に沁みついた腐敗臭を完全消臭することが
今期から出来るようになりました。
これは本当に大きいことです。

現在は消臭するのに特別な資格(民間)を取ったり
学びに遠方まで足を運んだりしている同業他社さんもいますが
これが全て不用になるとしたら結構な費用の削減になるはずです。

いざ、高い教育費をつぎ込んだ従業員が長続きせず会社を辞める
という事は珍しいことではありません。
社員教育は必要ですが経費をふんだんに書ければよいと言う物でも
ないと私は考えています。

万が一私の技術を習得した社員が会社を辞めても私しか
この技術や消臭剤は市販されていませんのでご安心ください。

様々なケースを私が発明した消臭技術はクリアーできる
素晴らしい消臭技術だと思っていますので
今回は、御社の為になるのかならないのかをじっくりと
ご検証ください。

それでは本題に入ります。

もう一度下の写真を見ましょう。

 

敷居が腐敗した体液が染みこみ黒く変色してしまいました。
通常なら洗剤を使い洗浄するでしょうね。
その後消臭剤やオゾンを使い消臭作業をします。

が、黒いシミや臭いは取れますか?

 

上の写真がポリッシャーで専用の洗剤で洗浄した
後の写真です。

この消臭作業は、私が使っている洗剤と言うのが一つの
ポイントでもあります。
洗剤は何でもよいと言う訳ではありません。
人間の体の成分には酸性物質とアルカリ物質があるため
その両方に効果がある洗剤が必要なのです。

体液の中にも血液の中にもアルカリ性の物や酸性の物が
腐敗し入り混じって腐敗しているわけですからね。
業務用のそこら辺のといったら失礼になりますが
専用の洗剤が完全消臭には不可欠なのです。
この消臭技術を導入されれば専用洗剤も同時にお分けいたしますので
ご安心ください。

専用洗剤でまずは敷居の表面の付着した汚れを洗い流し
取り除きます。
ここまででしたら皆さんもやられていることでしょうね。
その後、消臭剤を噴霧したり刷毛で塗ったりして
消臭すると思います。
問題はここからなのです。

どの、どんな洗剤で洗いどの種類の消臭剤を使い
消臭するのかでこの後の作業がはっきり分かれる
運命の別れ道なのです。

 

上の写真は私どもが開発した消臭剤です。
私どもは語弊がありますね。
ご遺体の感染や消臭を目的にして生業をしている
業者さんと提携を組み開発した消臭剤がバケツの
中に入っています。

この消臭剤を敷居の黒いシミ部分や敷居全体に万遍なく
履け塗をします。
ここではたっぷりです^^
あとは放置です^^

朝一番にこの作業をしたら夕方帰る時まで放置し
黒いシミが消えたら消臭作業と染み抜き作業の終了です^^
もし、まだシミがうっすらと残っていたら帰りがけに
もう一度刷毛で敷居にたっぷりと消臭剤を刷毛塗をして
帰社してください。
後はあなたに代わり消臭剤が染み抜き&消臭作業をいたします。

 

翌日、現場に行きあなたはこの様な敷居を
見ることでしょう^^

当然臭いも完全消臭されています。

これが私が約10数年間かけて作り上げてきた
消臭技術です。

通常なら敷居を電動丸鋸で切りフローリングも切り
特殊清掃作業が終るとリフォーム業者に入ってもらい
敷居や化粧柱を取り付けてもらいフローリングを
張り直してそそらく20~30万円のリフォーム費用を
ご依頼者様が負担し原状回復を終了される。

御社さんの費用とリフォーム費用を負担しけんもほろろに
なり故人様の天国への引っ越しをされます。

果たしてこれでよいのでしょうか?

私は縁あって請け負った仕事なので少しでもご負担を
軽減できればという思いでこの技術(消臭剤)を開発しました。

百聞は一見に如かずです。

実際にご自身の手で消臭&染み抜き作業をしてください。

日本いや全世界でこの消臭剤を使えるのは今のところ
わが社のスタッフだけです。

オゾンも悪くはないのですが消臭までに時間がかかる
丸1日や2日は当たりまえです。
私どものは噴霧後即消臭される即効性のある消臭剤です。

臭いも消えシミも消える消臭剤は他にはありませんよ^^

使い方や使用注意方法などございますので
ご指導いたしますのでご安心ください^^

さ~あ!!
今年の現場は今のところ全て昨日で修了いたしました。
ご依頼いただきました皆様
本当に今年一年お世話になりました。

また、来年こそ皆様にとって良い年になりますように
心から願っています^^


へばな~^^


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

カテゴリ

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ