トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2020.11.02認知症が原因のごみ屋敷急増中 救済方法編

カテゴリ:特殊清掃士

0


おはようございます^^

遺品整理士IS001018号
特殊清掃士CSC01013号の花輪です。

この数年、急激に増え始めたと実感するのが
上の様な写真の住宅です。
通称(ごみ屋敷)と呼ばれている住宅です。

テレビなどで皆様もご存じかと思います。
一部のテレビ番組で芸能人の住宅がごみ屋敷化して
いるのを片付ける番組なども一時期はやりまして
私も目にしたことがありますが・・・・

人間があの不衛生な環境下で心身ともに健康で過ごせる
はずがないのです。
これはいままで何百件と言うごみ屋敷清掃に携わってきた
私が保証します(笑)

こんな事保証してもね(笑)
笑い話しで済む問題ではないのです。
年間、自室で体調を壊しSOSを呼べずにお亡くなりに
なられている方が日本国中で約3万人いると言われています。

3万人ですよ!
ちょっとした○○市の人口が1年間で孤独死しているのです。
その中でこの上の様なお部屋でお亡くなりになられている
方も少なくないのです。

また、運よく命はとりとめ治療中と言う方もこれまた
少なくないのですよ^^

さて、実際に先月も私どもモコにこの様なお部屋の原状回復
作業のご依頼も何件も頂いています。

今月もこの様なお部屋の原状回復作業も数件入っています。
これから益々、高齢かが進み今以上にこの様なお部屋が
見つかるのではないでしょうかね。

では、この様な住宅に住み続ける方への救済方法なのですが
多くの方が拒否反応をしめし話にもならない。
と、言う方が圧倒的に多いと思います。

ではどのように救済すればいいのか?

そでは、じ~っと我慢して見守り相手が弱った時に
手を差しのべる!
これが今迄でもっとも有効な手段なのです。

この様な家に住み健康が長く続くわけがないのです。
小まめにターゲットと連絡しあい体が弱った時に
救済して保護・治療・住宅改善をするのが今迄で一番
スムーズに事が運べたのです。

これは私の経験です、もっと有効な手立てがあるのかも
しれません^^

今月のお見積もりの中でも、叔母がこの様な住宅に住み
体調を壊し入院して部屋を片付ける許可を叔母から頂いた
と言われる姪御様からのご依頼もあるくらい日常に
この様な住宅が存在する。

という事は、他人ごとではないのです。
将来、私やあなたがこの様な住宅の主なのかもしれません^^

さ~あ!!

本日は、現場チームは高層マンションの遺品整理の最終日
私は、相も変わらずヤード作業で副社長は本社にて
事務仕事です。

外は大雨ですが、大雨にも負けず
今日もモコさん運転開始です^^

へばな~^^
 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

カテゴリ

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ